ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 地域教育研究センター > 地域教育研究センター > 公開講座 > 【公開講座・開催報告】平成30年度高知県立大学高校生のための公開講座「第4回県大立志塾2018」を開催いたしました

【公開講座・開催報告】平成30年度高知県立大学高校生のための公開講座「第4回県大立志塾2018」を開催いたしました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月25日更新

バナー

12月15 日(土)永国寺キャンパスにて、平成30年度高知県立大学高校生のための公開講座 「第4回県大立志塾2018」を開催いたしました。

県内高校生を対象とした本公開講座は、域学共生の理念のもと、本学学生が地域のみなさまと協働して地域課題の解決を目指す教育プログラム「立志社中」等での成果を活かし、大学生との情報共有・議論・解決に向けた方策を検討することをとおして、「志」、「地域意識」を高めることを目的としたものです。

第4回講座は、高知県立大学看護学研究科 神原 咲子 教授による講演「地域全体で取り組もう。減災ケアの共創」を受講した後、目黒巻きを使ってワークショップを行いました。参加した高校生からは「災害が起きたとき、必ずしも頼れる人がいる状況とは限らないことに気付きました。これからは、自分で逃げるルート、方法、備えについて考えていきたいと思います。」、「講演では被災の経験がなければわからないお話しや、災害看護の視点でのお話しを聞くことができ、知識が増えました。将来の夢につながる内容だったので参加して良かったです。」 などの感想をいただきました。

当日の様子
清原先生 講演の様子 ワークショップの様子