ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学内組織 > 企画連携課 > 2月13日(水)に、イスラエルから災害看護研究者であるDr.Odeya Cohenが来学されました。

2月13日(水)に、イスラエルから災害看護研究者であるDr.Odeya Cohenが来学されました。



去る2月12日から15日までイスラエルのPrepared Center for Emergency Response Researchから災害看護研究者であるDr.Odeya Cohenが来校され、「イスラエルにおける災害看護とCommunity Resilience」について講演をされました。
Dr.Odeya Cohenからは、「災害看護学以外の教員も、災害看護やCommunity Resilienceを取り上げ教育研究していることが素晴らしい」とのコメントを頂きました。
災害看護学領域の神原教授や留学生らと、具体的な共同研究の打ち合わせを行い、研究者ネットワークを強めていました。
大学院生からは、「Global Healthと多文化社会の観点から、『コミュニティ』や『人々』を再考する機会となり、新しい知見も得られ刺激的な時間だった」とのコメントがありました。

左から本学 野島学長、神原教授、Dr. Odeya Cohen

左から、本学 野嶋学長、神原教授、Dr.Odeya Cohen

講演の様子

講演の様子