ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学内組織 > 学生・就職支援課 > 日本学生支援機構奨学金制度

日本学生支援機構奨学金制度


日本学生支援機構奨学金制度

 日本学生支援機構の奨学金とは

  日本学生支援機構の奨学金は、「貸与型」と「給付型」の2種類があります。貸与型奨学金は、経済的理由により修学に困難がある優れた学生に対し貸与されます。奨学金貸与終了後は、返還の義務が生じ、必ず返還しなくてはなりません。返還が滞ると法的手続により、返還残額を一括で返していただくことになりますので、家庭の経済状況やあなたの人生・生活設計に基づき、十分考慮のうえ申込みをしてください。給付型奨学金は、原則返還義務のない奨学金で、在学している高等学校等で申し込みを行います。申し込みの詳細や提出期限は、在学している学校等へお問い合わせください。

貸与型奨学金の種類と募集時期

  本学では4月に定期採用の説明会を開催しています。申込みを予定されている方は必ず出席してください。高校で予約採用となっている方は、池キャンパス学生・就職支援課もしくは、永国寺キャンパス学務支援室に書類を提出してください。

奨学金の
種類
採用の種類募集時期いつから
(貸与始期)
いつまで
(貸与終期)
第一種奨学金(無利子)定期採用全学年4月※4月卒業予定年月
緊急採用全学年随時4月を限度に事由発生月以降採用年度末まで※2
第二種奨学金(有利子)定期採用全学年4月※4月~9月の間で希望する月卒業予定年月
応急採用全学年随時4月~翌年3月の間で希望する月
入学時
特別増額貸与
入学時に特別増額(10万円、20万円、30万円、40万円、50万円から選択)の貸与を受けることができます。
緊急採用
応急採用
家計の急変(主たる家計支持者が失職、破産、事故、病気、死亡等又は火災、風水害等)で奨学金が緊急に必要となった場合に随時申し込みができます。(ただし、事由が発生した時から1年以内に申し込むこと。) 申込資格・手続き等は学生課奨学金担当または永国寺事務室奨学金担当にお尋ねください。

※1 主に4月の募集となりますが、予算執行状況により追加募集することがあります。追加募集は掲示でお知らせします。 ※2 採用年度末が、家計急変事由発生月から1年未満であれば、「継続願」の提出により翌年度末まで貸与を継続することができます。

貸与月額

奨学金の種類自宅通学自宅外通学

第一種奨学金

 

最高月額※ 45,000円

他 30,000円、20,000円から選択

最高月額※ 51,000円

他 40,000円、30,000円、20,000円から選択

第二種奨学金

20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、60,000円、70,000円、80,000円、90,000円、100,000円、110,000円、120,000円
上記11種類の金額から希望額を選択

※最高月額については家計基準によって選択可能かが決まります。

申込み条件(貸与型)

  奨学金申込者の人物・健康・学力・家計について総合的に審査し、推薦基準を満たしている者の中から選考し、日本学生支援機構に推薦します。機構では審査のうえ採用を決定します。基準を満たしていても、予算の関係で採用されない場合がありますのでご注意ください。

 家計基準(貸与型)

 家計の判定は、家計支持者の年収・所得金額から規程で定められた特別控除額(家族構成、家庭事情等により異なります。)を差し引いた金額(認定所得金額)が、日本学生支援機構で定められた収入基準額以下であることが必要となります。年収・所得金額は、本人の父母又はこれに代わって家計を支えている人(主たる家計支持者)の前年の金額が対象となります。なお、3人世帯及び4人世帯の収入・所得金額の上限の目安はおよそ次の金額以内となります。

年収・所得の上限額の目安(詳しくは日本学生支援機構ホームページへ)

世帯人数通学形態第一種奨学金第二種奨学金
給与所得※1給与所得以外※2
基準①基準②基準①基準②給与所得※1給与所得※2
3人自宅603万円

662万円

248万円289万円1012万円604万円
自宅外670万円729万円295万円

336万円

1059万円651万円
4人自宅680万円742万円302万円345万円1096万円688万円
自宅外747万円800万円349万円392万円1143万円735万円

基準①・・・最高月額を選択可能  基準②・・・最高月額以外の月額を選択可能

※1 給与所得者(年金受給者含む)の場合、年収は「源泉徴収票の支払金額」になります。
※2 給与所得者以外の場合、所得は「確定申告書の所得金額(税込)」になります。

 学力基準(貸与型)

 第一種奨学金第二種奨学金
1年次(1) 高等学校最終2か年又は専修学校高等課程最終2か年の成績が3.5以上 (2) 高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定合格者で、上記(1)に準ずると在学学校長から認められる者(1) 出身学校又は大学における学業成績が平均水準以上と認められる者 (2) 特定の分野において特に優れた資質能力を有すると認められる者 (3) 大学における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者 (4) 高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定合格者で、上記に準ずると認められる者
2年次以上大学における学業成績が本人の属する学部(科)の上位3分の1以内の者

詳しくは日本学生支援機構ホームページへ 日本学生支援機構ホームページ