ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 研究 > 【研究者情報】 一色 健司

【研究者情報】 一色 健司

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年4月1日更新

一色 健司  ISSHIKI Kenji

職位 教授
役職  
所属 地域教育研究センター、大学院 人間生活学研究科
リンク cinii jglobal rmap

研究者略歴

学位 理学博士(京都大学、1987年)
学歴・職歴

【学歴】
 1980年 京都大学 理学部 物理科学科 卒業
 1985年 京都大学大学院 理学研究科 化学専攻 博士課程 単位取得退学

【職歴】
 ​1985年-1987年 京都大学 研修員
 1986年-1987年 滋賀医科大学 非常勤講師
 1987年-1989年 高知女子大学 家政学部 講師
 1989年-1998年 高知女子大学 家政学部 助教授
 1998年-2003年 高知女子大学 生活科学部 助教授
 2001年-2003年 高知女子大学大学院 人間生活学研究科 助教授(兼任)
 2003年-2011年 高知女子大学 生活科学部 教授(大学院 人間生活学研究科 教授を兼任)
 2004年-2010年 高知女子大学 生活科学部長(兼任)
 2011年-2012年 高知県立大学 生活科学部 教授(大学院 人間生活学研究科 教授を兼任)
 2012年-現在に至る 高知県立大学 地域教育研究センター 教授(大学院 人間生活学研究科 教授を兼任)
 2019年-現在に至る 高知県立大学 総合情報センター長(兼任)

専門分野 分析化学、水圏地球化学、環境化学、科学リテラシー教育
所属学会

日本化学会
日本分析化学会
日本地球化学会
日本海洋学会
American Chemical Society
日本コンピュータ化学会
コンピュータ利用教育学会
流域圏学会

研究SEEDS

研究テーマ

・水圏環境の分析化学的研究

・水圏の地球化学的研究

・高知県の水圏の化学環境に関する研究

・科学リテラシー教育に関すること

研究概要

1)環境水中の微量元素の存在状態別解析法および超高感度分析法の開発

2)1)の成果を手段として用いた、水圏中での微量元素の分布や存在状態解析や環境中での微量重金属元素の
 動態解析

3)2)の解析結果に基づいた物質循環過程の解明

4)以上の研究を基礎とした高知県の降水、河川水、沿岸水などの状態の解析

5)中等教育における理科教育カリキュラムや教育方法の検討および検証

相談可能な領域

・水圏環境を中心とした地球環境問題と物質循環過程

・水圏中の微量元素の環境指標としての意義

・地域における水圏環境の解析と評価

・環境水中の微量元素の分析法

・水溶液中の超微量元素のクリーン分析技術

・科学リテラシー教育

・理科実験における安全教育

・環境教育と理科・自然科学教育

キーワード

 水圏環境、微量元素、スペシエーション(状態解析)、超高感度分析、濃縮分離、環境動態解析、クリーン分析、
 理科教育法、中等理科教育、科学リテラシー

関連SDGs (関連性の高い順)

 SDGs13 SDGs14

研究業績

主要研究論文等

・一色 健司:「室戸海洋深層水中の溶存態および粒子態微量元素の濃度およびそれらの変動の特性」、
 『高知県立大学紀要 地域教育研究センター・総合情報センター編』、第70巻、pp. 1-12 (2021)

・Reiner Schlitzer, et al.:「The GEOTRACES Intermediate Data Product 2017」, 『Chmical Geology』,
 Vol. 493, pp. 210-223 (2018)

・一色 健司:「蛇紋岩地質帯を流下する河川水中のCrの溶存状態と供給・除去過程」、『月刊海洋』、
 号外No.61、pp. 51-56 (2018)

主な著書

・北條 正司、一色 健司 編:『基本分析化学』、三共出版、東京(2020)

・『【新訂】授業に活かす理科教育法 中学校・高校編』、東京書籍、東京(分担執筆、2019)

主な受賞歴・特許など

・2014年11月 (社)全国栄養士養成施設協会理事長表彰

・2006年3月 第16回高知出版学術賞(受賞対象:海と湖の化学-微量元素で探る-、京都大学学術出版会)

主な社会貢献

・高知県環境審議会 会長、同 総合部会長、同 水環境部会員

・渡川流域学識者会議 委員

・新宇治川放水路地下水監視委員会 委員

・高知県環境影響評価技術審査会 委員

・仁淀川流域学識者会議 委員

・物部川流域学識者会議 委員

・高知県廃棄物処理施設設置審査会 委員

・高知市産業廃棄物処理施設設置審議会 委員

・日本分析化学会 中国四国支部常任幹事

・高知地区分析技術懇談会 会長

・日本コンピュータ化学会 Chemical Education Journal編集委員

・流域圏学会 理事、総務委員長、事務局長

・科学雑誌『理科の探検』企画委員、編集委員

・高知みらい科学館協議会 委員長

・高知市地域学校協働本部事業推進委員会 委員長

・高知市民の大学運営委員会 委員


ピックアップ

研究者情報バナー

高知県立大学学術情報リポジトリ