ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 地域連携 > 地域連携トピックス >

県立大の生涯学習
> 県立大の生涯学習 > 公開講座 > 【公開講座・開催報告】第35回 本山町・高知県立大学・高知短期大学公開講座

【公開講座・開催報告】第35回 本山町・高知県立大学・高知短期大学公開講座

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月3日更新
夜学

第8回講座「認知症:正しく知って、楽しく予防」が開催されました

平成30年11月26日(月曜日)本山町プラチナセンターにて、第8回講座「認知症:正しく知って、楽しく予防」 (看護学部:竹﨑 久美子 教授) が行われました。

参加いただいた方には「食生活の大切さが良くわかりました。」、「物忘れと認知症の違いや、ドーパミンの役割などがわかり勉強になりました。」などの感想をいただきました。

当日の様子

竹﨑先生 竹﨑先生2

第7回講座「元気で過ごすための正しい食生活」が開催されました

平成30年10月22日(月曜日)本山町プラチナセンターにて、第8回講座「元気で過ごすための正しい食生活」 (健康栄養学部:廣内 智子 講師) が行われました。

参加いただいた方には「食物について深く考える事が少なかったので、参考になりました。」、「クイズ方式で教えてもらい楽しく学ぶことができました。」などの感想をいただきました。

当日の様子

廣内先生1 廣内先生2

第6回講座「観光的価値の創造と地域の持続的発展」が開催されました

平成30年10月13日(土曜日)高知県立大学永国寺キャンパスにて、第6回講座の位置づけとなる、高知県立大学主催公開講座「観光的価値の創造と地域の持続的発展」 (跡見学園女子大学観光コミュニティ学部 安島 博幸 教授) が行われ、本山町からもたくさんの方にお越しただきました。

当日の詳細はこちら

第5回講座「地域は観光で何を得るのか」が開催されました

平成30年9月27日(木曜日)本山町プラチナセンターにて、第5回講座「地域は観光で何を得るのか」 (文化学部:小長谷 悠紀 教授) が行われました。

参加いただいた方には「町の観光に寄与するためには、この町の良い所を残し、直したい所を直そうとすることが私たちにできることだということがわかった。」、「観光でその土地を訪れ、気に入った方がリピーターになり、リピーターが移住者へとつながっていく可能性があるということを学んだ。海外の事例も写真を交えて紹介していただき参考になった。」などの感想をいただきました。

当日の様子

小長谷先生1 小長谷先生2

第4回講座「土佐の伝統食-伝えられてきた味、伝えたい味-」が開催されました

平成30年9月14日(金曜日)本山町プラチナセンターにて、第4回講座「土佐の伝統食-伝えられてきた味、伝えたい味-」 (健康栄養学部:彼末 富貴助手) が行われました。

参加いただいた方には「土地や場所によって食べる物が違っていたり、同じ食べ物でも食べ方が違っていたりしたので、日本の食はおもしろいなと思いました。イタドリを他の県では食べないということがすごくビックリしました。」、「高知の食文化の良さを改めて認識した。伝統食を食べることで、その土地の歴史がわかることを実感できた。」などの感想をいただきました。

当日の様子

彼末先生1 彼末先生2

第3回講座「”怒り”の心理学」が開催されました

平成30年7月11日(水曜日)本山町プラチナセンターにて、第3回講座「”怒り”の心理学」(地域教育研究センター:石山 貴章 教授)が行われました。

参加いただいた方には「講座の内容が生活や人生に直結しているので、学べばすぐに実践して生活改善できる点が大変良かった。」、「講演の中で伺った6秒ルール実行したいと思います。寝る前にいい事だけを思い出して寝ることも実行したいと思います。楽しい時間をありがとうございました。」などの感想をいただきました。

 

第2回講座「植木枝盛-土佐の知、世界の知」が開催されました

平成30年6月20日(水曜日)本山町プラチナセンターにて、第2回講座「植木枝盛-土佐の知、世界の知」(文化学部:ジョエル・ヨース 教授)が行われました。

参加いただいた方には「植木枝盛のことを予習して講座に挑みましたが、今日教わった内容は目からウロコのことばかりでした。またご講演いただく機会があれば聴講したいです。」、「プリント教材が良かった。植木枝盛の生きた時代背景が文章から見られて大変興味を持ちました。」などの感想をいただきました。

当日の様子

ヨース先生 講座の様子

第1回講座「土佐ことば再発見!!-正調土佐弁は今-」及び開講式が開催されました

平成30年5月31日(木曜日)本山町プラチナセンターにて、開講式及び第1回講座「土佐ことば再発見!!-正調土佐弁は今-」(文化学部:橋尾 直和 教授)が行われました。

開講式での、本山町教育委員会 高橋 清人教育長、高知県立大学地域教育研究センター 清原 泰治センター長による挨拶に引き続き講演が行われ、参加いただいた方には「子どものころ何気なく使っていた方言が、50年ぶりに思いだされた。エンコウ祭りについても、初めて知りました。」、「先生のことを存じあげずに参加しました。過去に土佐弁のドラマなどはたくさんありましたが、私は先生が監修をしたというドラマの土佐弁、特に龍馬のものいいが一番上手だと思っていました。橋尾先生の技だったんですね。感動です。」などの感想をいただきました。

当日の様子

高橋教育長 清原センター長

橋尾先生1 橋尾先生2