ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育 > 学部・研究科教員像

学部・研究科教員像

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年12月24日更新
 
学部・研究科教員像
大学教員像 本学は、平和な社会の発展及び人々の生活の質の向上に向け、知の創造に寄与する学術研究を行うとともに、地域志向の教育研究を通じ、地域の文化の発展と健康・福祉の向上に貢献することを理念とし、急激な変化の中で社会の要請に常に応えつつ、未来を拓く実践力を育成する大学、知識基盤社会を支えていく新たな知を創出する大学、地域と共に育ち地域に育てられる大学を目指します。この使命の達成に向けて、大学の求める教員像を、以下の通り定めます。
  1. 人格及び見識ともに優れ、本学の教育理念の具現化と多様な学生の自己実現を支える教育力を有する者
  2. 学術の発展を目指し、挑戦的に学術研究に取り組み、成果を積極的に社会に還元することのできる者
  3. 地域の文化・健康・福祉の向上に関わる課題の解決に貢献する教育研究活動を展開できる者
  4. グローバル化する社会の中で共生社会の構築に貢献する次世代を育成する熱意のある者
文化学部
  1. 高知県立大学教員選考細則第4条から第6条に規定する資格を有し、人格及び見識ともに優れた者                                  
  2. 言語文化及び文化創造の発展を目指して学術研究に取り組み、成果を社会に還元することのできる者
  3. 地域文化の向上に熱心に取り組み、教育研究活動を展開できる者
  4. グローバル化する社会の中で共生社会の構築に貢献できる者
看護学部

看護学部は、豊かな人間性と社会の課題に取り組む態度を身につけ、看護の理念や専門的知識・技術、ヒューマニズムを礎として、将来に向かって拓かれた看護を構築し、健康問題を人々と共に解決し、人々の健康生活の創造に貢献できる豊かな人間性・創造性を身につけた次世代を養成することを目指します。この教育研究上の目的達成に向けて、看護学部の求める教員像を、以下の通り定めます。

  1. 人格及び見識ともに優れ、看護学部の教育研究上の目的に基づき個々の学生の豊かな学びを支える教育力を有する者
  2. 看護学の発展・知の創造に貢献することができる学術研究に自ら挑戦し、成果を社会に発信することのできる者
  3. 看護実践力を発揮して、地域の健康課題の解決に向けて多職種と協働して積極的に活動することのできる者
  4. グローバル社会のなかで、人々の健康生活を醸成することができる次世代を育成する志(熱意・意欲)のある者
社会福祉学部 社会福祉学部は、福祉の現代的課題に対応する、深い人間理解や人権尊重の精神に裏打ちされた専門的知識と実践的知識と実践的技能を教授研究することにより、共感する心と豊かな人間性をもって、社会生活で生じるさまざまな問題に主体的に対応できる福祉的実践能力を修得させ、社会の幅広い分野で福祉の向上に寄与できる有為な人材を育成することを目指します。この教育研究上の目的達成に向けて、社会福祉学部の求める教員像を以下の通り定めます。
  1. 人格及び見識ともに優れ、社会福祉学部の教育研究上の目的に基づき、学生の豊かな学びを支える高い教育力を有する者
  2. 社会福祉分野の課題に対する研究的視点を持って、教育研究を積極的に行うことができる者
  3. 大学・学部として地域貢献を重視しているため、地域の福祉向上に意欲があり、多職種と連携して教育研究活動を展開できる者
  4. グローバル化・多様化する社会において活躍することができる社会福祉専門職を育成する高い志を持ち、学生に対する教育や相談・指導に積極的に関わる熱意のある者
健康栄養学部
  1. 高知県立大学教員選考細則第4条から第8条に規定する資格を有し、人格及び見識ともに優れた者
  2. 健康や食物、栄養に関する分野の課題に、研究的視点を持って取り組むことができる者
  3. 学生に対する教育や相談・指導に積極的に関わる意欲のある者
  4. 地域の健康づくりに熱意のある者
看護学研究科 看護学研究科は、人間の存在と生命の尊厳に基づいて、広い視野に立って精深な学識を授け、看護学の学術基盤を充実・発展させ、さらに革新することに寄与できる高度な教育・研究・実践能力を養うことを目指しています。この教育研究上の目的達成に向けて、看護学研究科の求める教員像を以下の通り定めます。
  1. 人格及び見識ともに優れ、看護学研究科の教育研究上の目的に基づき、多様な学生の学修を支える教育力
  2. 看護学の学術基盤発展と知の創造に貢献する研究活動を積極的に行い、国内外に成果を発信することができる者
  3. 看護学及び関連分野における高度な実践能力と学術研究力を発揮して、地域課題解決に貢献する活動を展開することができる者
  4. グローバル化する社会のなかで、看護学の発展に貢献する次世代を育成する志(熱意・意欲)を有する者
人間生活学研究科 人間生活学研究科は、人間生活学に根差した教育・研究を基盤とし、広い視野に立って精深な学識を授け、専攻分野における研究能力又は高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力、さらには自立して創造的な研究活動を行う高度な専門的能力を養うことを目指しています。この教育研究上の目的達成に向けて、人間生活学研究科の求める教員像を以下の通り定めます。
  1. 人格及び見識ともに優れ、人間生活学研究科の教育研究上の目的に基づき、高度職業人及び研究者の育成のために必要な指導を行う研究・教育能力を持つ者
  2. 専門領域(栄養・生活学領域、社会福祉学領域、文化学領域)において優れた業績と高い専門性を有する者
  3. グローバル化する社会における学術の学際的な発展や地域の文化・健康・福祉の向上に関わる課題の解決に貢献する研究活動を教員自身が積極的に行い、国内外に成果を発信することができる者
  4. きめ細やかな個別指導により、研究能力を大学院生に伝えることができる充分なコミュニケーション能力と多様な大学院生の学修を支える熱意を持つ者

ピックアップ


博士課程教育リーディングプログラム


先進的医療イノベーション人材養成事業
課題解決型高度医療人材養成プログラム事業