ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > リ・デザイン プロジェクト > 第3回 社会的処方研究会のご案内(2024年7月19日)

本文

第3回 社会的処方研究会のご案内(2024年7月19日)

ページID:0033686 更新日:2024年7月18日更新 印刷ページ表示

↓当日配布資料はこちら↓

第3回 社会的処方研究会 当日配布資料 (PDFファイル:12MB)

第3回社会的処方研究会チラシ

 

高知県立大学「社会的処方研究会」

令和6年度 第3回

 ◆日 時:2024年7月19日(金曜日)17時00分~18時30分(受付開始16時30分~)

 ◆場 所:
  (1)会場開催(対面)
    高知県立大学 永国寺キャンパス 教育研究棟A109講義室(高知市永国寺町2-22)
   ※駐車場はございませんので、公共交通機関または近隣の有料駐車場をご利用ください。
  (2)Zoomオンライン開催
    受付完了後、自動返信メールにて視聴用URLをお知らせいたします。

プログラム

 ◆テーマ:「社会的処方と認知症カフェ」

 ◆講 師:社会福祉学部 矢吹 知之 教授

 今年3月から毎月第1土曜日に開催している「土曜の永国寺カフェ(認知症カフェ)」。大学や地元の地域包括支援センターなどからなる実行委員会が企画・運営し、コーヒーやお茶を飲みながら、専門家が認知症や健康に関する講話や情報提供を行うスタイルで、毎回多くの方にご参加いただいています。

 今回の研究会では、共同企画者の矢吹知之教授より、取り組みの背景、意義、活動等についてご紹介します。

申込方法等

対 象 :どなた様もご参加いただけます。 
(社会的処方について学びたい、プロジェクトの内容を知りたい、大学と連携してみたい、など大歓迎です)

定 員 :会場100名、オンライン300名

参加費 :無料

※事前に下記URLからお申し込みください。
https://www.u-kochi.ac.jp/ques/questionnaire.php?openid=456

締切を延長しました。

申込締切:2024年7月18日(木曜日)

 


社会的処方研究会とは?

 高知県立大学は、令和6年度から高知県立大学10年戦略「UoK Vision 2033」をスタートさせました。

 柱となる3つの戦略の一つ、「地域共生社会を支援する実践的な教育・研究」を進めていくため、地域を支える様々な立場の「人々がつながり合い」、地域に山積する課題を共に乗り越え、地域を再構築(リ・デザイン)するための取組み=「リ・デザイン プロジェクト」を行っていきます。

 そこで本学では、人と地域のつながりで人を元気にする取り組み「社会的処方」の実践と研究成果の地域還元を「リ・デザイン プロジェクト」の中核と位置付け、プロジェクトを発掘・検討・深化させるための様々な意見交換を行う場として「社会的処方研究会」を開催しています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ピックアップ

リ・デザイン プロジェクト 特設サイト 

 キャンパス

池キャンパス 永国寺キャンパス