ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 研究 > 松崎淳子名誉教授が「男女共同参画社会づくり功労者内閣総理大臣表彰」受賞

松崎淳子名誉教授が「男女共同参画社会づくり功労者内閣総理大臣表彰」受賞

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月30日更新

女性の社会進出や地位向上に貢献した人を政府が表彰する「令和3年度 男女共同参画社会づくり功労者内閣総理大臣表彰」に松崎淳子高知県立大学名誉教授が選ばれました。

これは、高知男女共同参画センター「ソーレ」の設立に関わるなど、男女平等社会の実現に長年取り組んでいることが評価されたものです。 

 

2021年7月25日 高知新聞1面掲載

高知新聞記事「松崎さんに総理大臣賞」

※画像をクリックすると大きく表示されます。

 

松崎先生は高知県立女子医学専門学校1期生で、高知県立女子専門学校生活科を卒業。高知女子大学副手となり主に調理学を担当し、1992年に生活科学部教授として定年退職。

現在は、高知県立大学名誉教授、土佐伝統食研究会代表など。

 

令和3年度男女共同参画社会づくり功労者内閣総理大臣表彰受賞者名簿(男女共同参画局ホームページへ)