ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 研究 > 【研究者情報】 畦地 博子

【研究者情報】 畦地 博子

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年4月1日更新

畦地 博子  AZECHI Hiroko

職位 教授
役職 大学院 看護学研究科長
所属 看護学部 看護学科、大学院 看護学研究科
教員紹介

畦地 博子

熊本県立済々黌高校を卒業し高知に来てから、人生の半分以上を高知で過ごしています。大学卒業後、高知の精神科の病院で看護師として働き、その後University of California San Franciscoの修士課程で学びました。高知女子大学健康生活科学研究科博士後期課程を修了後、ふらふらとしておりましたが、また母校に戻ることになりました。今までの取り組みは精神看護学領域が中心でしたが、このたびは、理論や研究などを中心に基礎看護学領域の活動を行うこととなりました。
活動紹介

~人のもっている力を明らかにする~

決して派手ではなく、日常の中に埋もれてふと見失ってしまいそうな出来事の中に、その人のもつ素晴らしい力を見出すことがあります。そんな力をひとつひとつ拾い上げていけるような活動を展開していければと考えています。

メッセージ ねこを飼っています。未だにひっかくしかみつくし、気が向かなければ無視するし…でも一緒にいるととても癒やされます。どうやったらこんな存在になれるのか探求してみたいです。

研究者略歴

学位 博士 (看護学)(高知女子大学、2006年)
学歴・職歴

【学歴】
 1987年 高知女子大学 看護学科 卒業
 1994年 University of California, San Francisco, School of Nursing,
      Master of Science Degree Program 修了
 2006年 高知女子大学 健康生活科学研究科 博士課程後期 修了

【職歴】
 1987年-1991年 芸西病院勤務
 1994年-2002年 高知女子大学 看護学部 講師
 2009年-2014年 高知県立大学 看護学部 教授
 2014年-2018年 高知県立大学 特任教授
 ​2018年-現在に至る 高知県立大学 看護学部 教授

専門分野 基礎看護・精神科看護学
所属学会 日本看護科学学会
日本精神保健看護学会
日本災害看護学会
日本家族看護学会
高知女子大学看護学会

研究SEEDS

研究テーマ

・精神看護、および、精神障がい者に関する研究

・精神看護教育に関する研究

・障害文化と非障害文化の共創

研究概要

・精神科看護師の説明について明らかにした研究をはじめ、精神科看護師の技術や姿勢、クリニカルジャッジメントなどを質的な研究方法を用いて明らかにした研究に取り組んだ。また、精神科看護領域で活用されている看護介入方法を類型化することを目的に、量的な研究方法を用いた研究も行っている。現在は重度・慢性精神障害者のセルフケア看護介入モデルの開発に取り組んでいる。

・障害文化と非障害文化の共創というテーマで質的な研究に取り組んでいる。

相談可能な領域

・精神看護師の技術の抽出

・精神障がい者の体験世界

・精神障がい者のもつ力

・精神看護マニュアル等の作成

・精神看護教育マニュアル等の作成 など

キーワード

 精神看護、精神障がい者、障がい者文化、共創

関連SDGs (関連性の高い順)

 SDGs10 SDGs8

研究業績

主要研究論文等

cinii

・井上 さや子、畦地 博子:「思春期やせ症をもつ人が体験している身体体験」、『高知女子大学看護学会誌』、
 45(2)、pp. 99-108 (2020)

・新田 和子、畦地 博子、野嶋 佐由美:「リフレクションを支援する看護師の方略に関する研究」、
 『高知女子大学看護学会誌』、44(2)、pp. 1-10 (2019)

・井上 直子、畦地 博子、藤田 佐和:「慢性疾患患者の患者教育を行う看護師のコンピテンシー」、
 『高知女子大学看護学会誌』、44(2)、pp. 11-22 (2019)

・久保 博美、畦地 博子:「境界性パーソナリティ障害をもつ人のメンタライゼーションを高める看護ケア」、
 『高知女子大学看護学会誌』、44(2)、pp. 48-55 (2019)

・佐東 美緒、高谷 恭子、田之頭 恵里、有田 直子、畦地 博子、池添 志乃、森下 安子、鍬田 晃子、中村 由美子、
 中野 綾美:「NICUに入院している我が子を看取る親の揺らぎ」、『日本家族看護学会学術集会
 プログラム・抄録集26回』、p.82 (2019)

・土岐 弘美、福田 亜紀、畦地 博子、五味 麻里、和泉 明子、槇本 香、畠山 卓也、野嶋 佐由美:
​ 「精神疾患を持つ当事者や家族の服薬における取り組みと服薬支援に関する医療者への期待」、
​ 『高知女子大学看護学会誌』、41(2)、pp. 31-41 (2016)

主な著書

・野嶋佐由美 編著:『明解看護学双書3 精神看護学』、金芳堂、京都(2002刊行、2013年改訂)
 9章 セルフケア理論を活用しての看護過程、pp. 93ー104
 13章 問題行動をもつ人の看護、妄想、pp. 155-156
 13章 問題行動をもつ人の看護、自傷・自殺、pp. 161-162
 13章 問題行動をもつ人の看護、無気力、pp. 172-173
 13章 問題行動をもつ人の看護、攻撃性、pp. 159-160
 13章 問題行動をもつ人の看護、依存、pp. 167-168
 14章 主な疾患とその看護、統合失調症の知識、pp. 176-183
 14章 主な疾患とその看護、摂食障害の知識、pp. 222-225
 14章 主な疾患とその看護、摂食障害患者の看護、pp. 226-227

・瀧川 薫 編:『看護系標準教科書 精神看護学』、【担当箇所】5章 5.1 生物学的モデルpp. 70-75、
 オーム社、東京(2007)

科学研究費

・研究課題:家族との協働型エンドオブライフケア実践能力を高める看護遠隔教育プログラムの開発
 研究種目:基盤研究(B)
 研究期間:2021年4月 – 2025年3月
 代表者 :中野 綾美 高知県立大学 看護学部 教授
 分担者 :野嶋 佐由美 高知県立大学 看護学部 教授
      大川 宣容 高知県立大学 看護学部 教授
      森下 安子 高知県立大学 看護学部 教授
      池添 志乃 高知県立大学 看護学部 教授
      佐東 美緒 高知県立大学 看護学部 准教授
      高谷 恭子 高知県立大学 看護学部 准教授
      中村 由美子 文教学院大学 保健医療技術学部 教授
      源田 美香 高知県立大学 看護学部 助教
      中平 洋子 愛媛県立医療技術大学 保健科学部 准教授
      有田 直子 高知県立大学 看護学部 講師
      畦地 博子 高知県立大学 看護学部 教授
      嶋岡 暢希 高知県立大学 看護学部 准教授
      岩崎 順子 高知県立大学 看護学部 助教
      田之頭 恵里 高知県立大学 看護学部 助教

・研究課題:自閉スペクトラム症者の地域生活を支えるための訪問看護ケアの教育プログラム 
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2021年4月 – 2025年3月
 代表者 :塩見 理香 高知県立大学 看護学部 助教 
 分担者 :田井 雅子 高知県立大学 看護学部 教授 
      畦地 博子 高知県立大学 看護学部 教授
      藤代 知美 高知県立大学 看護学部 准教授

・研究課題:認知症の人と家族の家族の伴走を支援する家族看護援助モデルの開発
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2021年4月 – 2025年3月
 代表者 :田井 雅子 高知県立大学 看護学部 教授
 分担者 :土岐 弘美 香川県立保健医療大学 保健医療学部 講師
      藤代 知美 高知県立大学 看護学部 准教授
      中平 洋子 愛媛県立医療技術大学 保健科学部 准教授
      畦地 博子 高知県立大学 看護学部 教授
      瀧 めぐみ 高知県立大学 看護学部 助教

・研究課題:災害に関連する専門職者・行政と住民とのリスクコミュニケーションガイドラインの提案
 研究種目:基盤研究(B)
 研究期間:2020年4月 – 2024年3月
 代表者 :山田 覚  高知県立大学 看護学部 教授
 分担者 :川本 美香 高知県立大学 看護学部 助教
      久保田 聰美 高知県立大学 看護学部 教授
      木下 真里 高知県立大学 看護学部 准教授
      畦地 博子 高知県立大学 看護学部 教授

・研究課題:看護の質の向上に貢献する看護師のエンゲージメントモデル開発
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2020年4月 – 2023年3月
 代表者 :久保田 聰美 高知県立大学 看護学部 教授
 分担者 :勝原 裕美子 日本赤十字豊田看護大学 看護学部 非常勤研究員
      源田 美香 高知県立大学 看護学部 特任助教
      畦地 博子 高知県立大学 看護学部 教授

・研究課題:発達障害のある子どもと家族の移行を支える協働型看護ケアガイドラインの開発
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2020年4月 – 2024年3月
 代表者 :池添 志乃 高知県立大学 看護学部 教授
 分担者 :時長 美希 高知県立大学 看護学部 教授
      西内 舞里 高知県立大学 看護学部 助教
      畠中 雄平 琉球大学 人文社会学部 教授
      畦地 博子 高知県立大学 看護学部 教授
      田之頭 恵里 高知県立大学 看護学部 助教

・研究課題:患者・家族と看護者間のコンフリクトの発生・悪化を予防する教育プログラムの開発
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2020年4月 – 2023年3月
 代表者 :瓜生 浩子 高知県立大学 看護学部 教授
 分担者 :長戸 和子 高知県立大学 看護学部 教授
      久保田 聰美 高知県立大学 看護学部 教授
      畦地 博子 高知県立大学 看護学部 教授
      中井 美喜子 高知県立大学 看護学部 助教
      坂元 綾  高知県立大学 看護学部 助教

・研究課題:障害文化と健常文化を超えて共創する支援のパターンランゲージ 研究代表者
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2020年4月 – 2024年3月
 代表者 :畦地 博子 高知県立大学 看護学部 教授
 分担者 :池添 志乃 高知県立大学 看護学部 教授
      小原 弘子 高知県立大学 看護学部 助教
      田井 雅子 高知県立大学 看護学部 教授
      李 賢珠  高知県立大学 看護学部 特任講師
      中野 綾美 高知県立大学 看護学部 教授

・研究課題:血液・腫瘍疾患を持つ青年のSDMを支援する高度実践看護師の教育プログラムの開発
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2019年4月 – 2023年3月
 代表者 :有田 直子 高知県立大学 看護学部 講師
 分担者 :中野 綾美 高知県立大学 看護学部 教授
      畦地 博子 高知県立大学 看護学部 教授

・研究課題:成人期に移行する先天性心疾患と共に生きる子どもと親の軌跡を説明できるモデルの構築
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2019年4月 – 2023年3月
 代表者 :高谷 恭子 高知県立大学 看護学部 准教授
 分担者 :畦地 博子 高知県立大学 看護学部 教授
      中野 綾美 高知県立大学 看護学部 教授

・研究課題:自閉症スペクトラム障害者の対人関係におけるセルフコントロールを高めるプログラム
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2018年4月 – 2021年3月
 代表者 :塩見 理香 高知県立大学 看護学部 助教
 分担者 :田井 雅子 高知県立大学 看護学部 教授
      畦地 博子 高知県立大学 看護学部 教授

・研究課題:重度・慢性精神障害者のセルフケア能力の評価方法と看護介入モデルの開発
 研究種目:基盤研究(B)
 研究期間:2018年4月 – 2022年3月
 代表者 :中山 洋子 高知県立大学 看護学部 研究員
 分担者 :加藤 郁子 福島県立医科大学 看護学部 講師
      大川 貴子 福島県立医科大学 看護学部 准教授
      宇佐美 しおり 四天王寺大学 看護学部 教授      
      田井 雅子 高知県立大学 看護学部 教授
      塩見 理香 高知県立大学 看護学部 助教
      畦地 博子 高知県立大学 看護学部 教授
      井上 さや子 高知県立大学 看護学部 助教

・研究課題:命に向き合う子どもと親のエンド・オブ・ライフへの看護支援モデルの構築と活用
 研究種目:基盤研究(B)
 研究期間:2017年4月 – 2021年3月
 代表者 :中野 綾美 高知県立大学 看護学部 教授
 分担者 :野嶋 佐由美 高知県立大学 看護学部 教授
      森下 安子 高知県立大学 看護学部 教授
      益守 かづき 久留米大学 医学部 教授
      池添 志乃 高知県立大学 看護学部 教授
      佐東 美緒 高知県立大学 看護学部 准教授
      高谷 恭子 高知県立大学 看護学部 准教授     
      中村 由美子 文京学院大学 保健医療技術学部 教授
      有田 直子 高知県立大学 看護学部 講師
      畦地 博子 高知県立大学 看護学部 教授
      嶋岡 暢希 高知県立大学 看護学部 准教授
      岩崎 順子 高知県立大学 看護学部 助教
      田之頭 恵里 高知県立大学 看護学部 助教
      吉岡 理枝 高知県立大学 看護学部 助教

・研究課題:統合失調症者の自我機能に注目するセルフマネジメント促進の看護ケアモデル
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2016年4月 – 2020年3月
 代表者 :田井 雅子 高知県立大学 看護学部 教授
 分担者 :井上 さや子 高知県立大学 看護学部 助教
      塩見 理香 高知県立大学 看護学部 助教
      畦地 博子 高知県立大学 看護学部 教授
      瀧 めぐみ 高知県立大学 看護学部 助教

主な社会貢献

・日本精神保健看護学会 理事

・日本精神保健看護学会 編集委員長

・日本看護科学学会 代議員

・日本看護科学学会 和文誌専門査読委員

・日本精神科看護協会 教育認定委員

・高知女子大学看護学会 査読委員

・徳島大学医学部医学雑誌 学外編集委員

・社会福祉法人ファミーユ高知 評議員

・愛媛県立医療技術大学院 非常勤講師


ピックアップ

研究者情報バナー

高知県立大学学術情報リポジトリ