ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 研究 > 【研究者情報】 源田 美香

【研究者情報】 源田 美香

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年12月27日更新

源田 美香  GENDA Mika

職位 助教
役職  
所属 看護学部 看護学科
教員紹介  源田美香 臨床での看護経験に行き詰まり感と、以前から興味のあった家族看護について学びたいという思いから高知県立大学大学院の家族看護学領域に進みました。修了後、家族支援専門看護師として愛媛県の大学病院や地域のNPO法人で活動していました。
活動紹介 「家族看護っておもしろい」と家族と関わることへのワクワク体験を臨床や教育の場で作っていきたいと思っています。
メッセージ 学ぶことは、看護職としての自分自身の、ものの見方に変化をもたらせてくれます。
その変化は、看護実践の精度を高めてくれます。
この大学で学び、看護実践力を高めてみませんか。

研究者略歴

学位 修士(看護学)(高知県立大学)
学歴・職歴

【学歴】
 2016年 高知県立大学 看護学研究科 博士前期課程 修了

【職歴】
 2004年- 愛媛大学 医学部附属病院 勤務
 2019年- 高知県立大学 勤務

専門分野 家族看護学
所属学会

日本看護科学学会
日本家族看護学会
日本在宅ケア学会

研究SEEDS

研究テーマ

 発達障害児とその家族の家族ストレングスに関する研究

研究概要

 

相談可能な領域

 家族看護に関すること

キーワード

 家族対処、家族ストレングス

関連SDGs (関連性の高い順)

 SDGs3 SDGs4

研究業績

主要研究論文等

・源田 美香、瓜生 浩子、長戸 和子、池添 志乃:「先天性の心臓病のある子どもと共に生きる家族の対処行動」、
 『高知女子大学看護学会誌』、Vol.45(1)、pp. 85-95 (2019)

主な著書

・中野 綾美、瓜生 浩子 編著:『家族看護学-家族のエンパワーメントを支えるケア』、第5章5節、メディカ出版、
 大阪、pp. 150-156 (2019)

科学研究費

・研究課題:家族との協働型エンドオブライフケア実践能力を高める看護遠隔教育プログラムの開発
 研究種目:基盤研究(B)
 研究期間:2021年4月 – 2025年3月
 代表者 :中野 綾美 高知県立大学 看護学部 教授
 分担者 :野嶋 佐由美 高知県立大学 看護学部 教授
      大川 宣容 高知県立大学 看護学部 教授
      森下 安子 高知県立大学 看護学部 教授
      池添 志乃 高知県立大学 看護学部 教授
      佐東 美緒 高知県立大学 看護学部 准教授
      高谷 恭子 高知県立大学 看護学部 准教授
      中村 由美子 文教学院大学 保健医療技術学部 教授
      源田 美香 高知県立大学 看護学部 助教
      中平 洋子 愛媛県立医療技術大学 保健科学部 准教授
      有田 直子 高知県立大学 看護学部 講師
      畦地 博子 高知県立大学 看護学部 教授
      嶋岡 暢希 高知県立大学 看護学部 准教授
      岩崎 順子 高知県立大学 看護学部 助教
      田之頭 恵里 高知県立大学 看護学部 助教

・研究課題:慢性腎臓病患者のサインマネジメントを支援する外来看護師教育プログラムの開発
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2021年4月 – 2025年3月
 代表者 :竹中 英利子 高知県立大学 看護学部 助教
 分担者 :森下 安子 高知県立大学 看護学部 教授
      川上 理子 高知県立大学 看護学部 准教授
      源田 美香 高知県立大学 看護学部 助教

・研究課題:看護の質の向上に貢献する看護師のエンゲージメントモデル開発
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2020年4月 – 2023年3月
 代表者 :久保田 聰美 高知県立大学 看護学部 教授
 分担者 :勝原 裕美子 日本赤十字豊田看護大学 看護学部 非常勤研究員
      源田 美香 高知県立大学 看護学部 助教
      畦地 博子 高知県立大学 看護学部 教授

・研究課題:組織学習を支える訪問看護管理者のコンサルテーション力を高める教育支援モデル構築​ 
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2020年4月-2023年3月
 代表者 :森下 幸子 高知県立大学 看護学部 准教授
 分担者 :森下 安子 高知県立大学 看護学部 教授
      川上 理子 高知県立大学 看護学部 准教授
​      源田 美香 高知県立大学 看護学部 助教
      池田 光徳 高知県立大学 看護学部 教授

・研究課題:学童期にある発達障害児の家族の家族ストレングスを促進するケアプログラムの開発 研究代表者
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2020年4月 – 2024年3月
 代表者 :源田 美香 高知県立大学 看護学部 助教
 分担者 :長戸 和子 高知県立大学 看護学部 教授
      杉原 俊二 高知県立大学 社会福祉学部 教授
      藤代 知美 高知県立大学 看護学部 准教授
      有田 直子 高知県立大学 看護学部 講師
      中井 美喜子 高知県立大学 看護学部 助教

・研究課題:慢性心不全患者・家族のアドバンス・ケア・プランニング支援ガイドラインの開発 
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2020年4月 – 2023年3月
 代表者 :長戸 和子 高知県立大学 看護学部 教授
 分担者 :川上 理子 高知県立大学 看護学部 准教授
      源田 美香 高知県立大学 看護学部 助教
      神家 ひとみ 高知県立大学 看護学部 助教
      中野 綾美 高知県立大学 看護学部 教授

・研究課題:新卒訪問看護師と学習支援者の期待不一致を解決する学習支援プログラムの構築 
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2017年4月-2021年3月
 代表者 :森下 幸子 高知県立大学 看護学部 准教授
 分担者 :森下 安子 高知県立大学 看護学部 教授
      川上 理子 高知県立大学 看護学部 准教授
      池田 光徳 高知県立大学 看護学部 教授
      野村 陽子 高知県立大学 その他の研究科 特任助教
​      源田 美香 高知県立大学 看護学部 助教

主な社会貢献

 


ピックアップ

研究者情報バナー

高知県立大学学術情報リポジトリ