ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 研究 > 【研究者情報】 西岡 道子

【研究者情報】 西岡 道子

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年1月6日更新

西岡 道子  NISHIOKA Michiko

職位 准教授
役職  
所属 健康栄養学部 健康栄養学科

研究者略歴

学位 博士(農学)(鳥取大学、2012年)
学歴・職歴

【職歴】
 高知女子大学講師を経て現職

専門分野 調理科学
所属学会

日本栄養・食糧学会
日本栄養改善学会
日本ビタミン学会

研究SEEDS

研究テーマ

・加熱調理における魚肉ビタミン B12の調理損失

・野菜に含まれる葉酸の調理損失

研究概要

 ビタミンB12は主に動物性食品に含まれており、一部の藻類や微生物が関与する発酵食品を除き、植物性食品にはほとんど含まれていない。魚肉各部位のビタミンB12含量や調理損失に関する報告は少ないことから、魚肉や魚肉加工品に含まれるビタミンB12の栄養特性および各種加熱調理における栄養素の損失について検討している。

相談可能な領域

・魚肉に含まれるビタミンB12について

・加熱調理における魚肉ビタミンB12含量の分析

キーワード

 ビタミンB12、魚肉、調理

関連SDGs (関連性の高い順)

 

研究業績

主要研究論文等

・P. Khaoian, H. Ogita, H. Watanabe, M. Nishioka, F. Kanosue, H. P. Nguyen, H. Fukada and
 T. Masumoto:Eeffects of Taurine Supplementation to Low Fish Meal Practical Diet on Growth,
 Tissue Taurine Content and Taste of 1 Year Yellowtail Seriola quinqueradiata. Aquacult. Sci., 62,
 pp. 415-423 (2014)

主な社会貢献

 


ピックアップ

研究者情報バナー

高知県立大学学術情報リポジトリ