ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 研究 > 【研究者情報】 高橋 真紀子

【研究者情報】 高橋 真紀子

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年12月15日更新

高橋 真紀子  TAKAHASHI Makiko

職位 助教
役職  
所属 看護学部 看護学科
教員紹介 高橋 真紀子 岡山県出身。高知女子大学を卒業後、行政保健師として勤務。多職種多機関で連携し、住民が地域でいきいきと生きるためにできることを考え活動する中、地域の力、住民の力に多くの学びを得ました。そして、高知県立大学大学院(修士課程)で再び学び、これまでの保健活動での考え方や働きかけについて理解を深めることができました。大学院修了後も保健師として勤務を継続していましたが、縁あり本学での看護教育に携わることにいたしました。
活動紹介 行政保健師として、住民、多職種多機関の方、保健師の仲間、多くの出会いに、私は保健師として育ててもらいました。これまでの経験を活かしつつ、これからは学生とともに、あらゆるライフステージ・健康の状況にある人々が地域で健やかに生活できること、人々が所属している集団やコミュニティの特性を活かし支援することとは何か、自分たちにできることは何かを考えていきたいです。
メッセージ どんなことも、どんな状況も自分の考え方次第で、自分の力になるし気持ちも豊かになるなぁと日々感じています。出会いに感謝し、皆さんと一緒に、チャレンジしながら、毎日を楽しんでいきたいと思います。

研究者略歴

学位 修士(看護学)(高知県立大学、2018年)
学歴・職歴

【学 歴】
 2002年 高知女子大学 看護学部 卒業
 2018年 高知県立大学大学院 看護学研究科 博士前期課程 修了

【職 歴】
 2004年-2020年 高知市役所
 2020年-    高知県立大学 看護学部

専門分野 地域看護学
所属学会

日本地域看護学会
高知女子大学看護学会

研究SEEDS

研究テーマ

 地域看護、保健師のファシリテーション

研究概要

 

相談可能な領域

 

キーワード

 

関連SDGs (関連性の高い順)

 SDGs3 SDGs11

研究業績

主要研究論文等

・高橋 真紀子、時長 美希:「地域ケア会議における保健師のファシリテーション」、『高知女子大学看護学会誌』、
 第45巻第2号、pp. 57‐68 (2020)

主な社会貢献

 


ピックアップ

研究者情報バナー

高知県立大学学術情報リポジトリ