ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

受講者の声

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年8月2日更新

令和4年度前期受講者≪中山間枠≫: こうち看護協会訪問看護ステーション 大澤 マリコ​さん1

 訪問看護を始めてもうすぐ1年という時にスタートアップ研修のお話をいただき、仕事をしながら週2回、約3ヶ月間受講させてもらいました。日々の訪問でいっぱいいっぱいで、なかなか全体をみる余裕がない中でしたが、研修では高知市の現状や保険制度を始め、実際の訪問看護で役立つ知識や考え方など幅広く学ぶことができました。
 聴講だけでなくロールプレイングや事例について話し合うことで、他者の意見や考えを知り、さらに学びを深めることができました。でも一番は、研修を通して仲間が出来たことは、私にとって心の支えになったように思います。やはり看護はチームだと思うので、顔の見える関係というのは強いなと思います。
 いつか仕事で皆さんと関われるよう日々努力していきたいと思います。今回このような機会をいただき、本当にありがとうございます。

 

令和4年度前期受講者≪中山間枠≫:高知中央訪問看護ステーション  山本 美里​さん1

 私は病院で9年勤務し、昨年の4月に訪問看護師として働き始めました。病院では主に手術室で働いていたため、病棟経験がほとんどなく、知識と経験が少ないまま訪問看護の世界に飛び込みました。様々な疾患を抱える利用者様に出会い、毎日新しいことを学び感じあっという間に1年がたっていました。
 自分の判断が正しかったのか悩むことも多くあります。現場で働いてから今回の研修を受けると、今まで訪問先であった出来事や学んできたことをふり返ることでき、学びが深まりました。また、在宅で必要となる知識や技術を学ぶことができ、自信にもつながりました。実技や自分の身体を使って経験することも多く勉強になりました。
 年齢も経歴も今働いているフィールドも異なる仲間が出会い、考えを共有でき、看護観に触れることができ、とても有意義な研修でした。看護の奥深さを感じました。多くの学びを与えて下さった講師の方々、忙しい中研修に送り出して下さった訪問看護ステーションの皆様、色々な考え方を教えてくれた受講者の皆様に感謝申し上げます。今回の研修で学んだことを糧に日々精進していきたいと思います。

 

令和4年度前期受講者≪全域枠≫: 訪問看護ステーションはる   谷口 佐綾加​さん1

 今までは急性期から回復期病棟で働いていましたが、去年5月から訪問看護師として働き始めました。実際に訪問看護師として、訪問看護師の役割や在宅サービスの内容や制度などを理解せずに勤務してきました。
 「訪問看護とは」と疑問に思い、この訪問看護スタートアップ研修を知り受講したいと思い受講しました。研修では講師の方の貴重な経験などを踏まえての講義や、高知県の中山間地域の特性、在宅医療、訪問看護の実際など色々と学ばせていただきました。実技やグループワーク、ロールプレイなど受講者同士で行い、振り返りや意見交換を行うことで、「○○って考えることも大事だ」と良い刺激を受けました。
 今回の研修で高知県の取り組みや訪問看護が担う役割や、これからの課題など知ることができ充実した研修となりました。今後は研修で学んだ、在宅療養者や家族、療養者に関わる多職種連携、訪問看護師としての役割など実践できるように勤務していきたいです。
 社会人として働き始めると勉強の機会も少なく、このコロナ感染拡大の中、研修に快く送り出してくれたステーションスタッフや講師の先生方に感謝いたします。この研修での学びや受講した仲間は、今後訪問看護師として働く力となります。ぜひ、沢山の方に受講していただきたいと思います。ありがとうございました。

 

令和4年度前期受講者≪全域枠≫:JA高知病院  恒石 京子​さん1

 この研修で訪問看護師が行っていることや福祉サービスや多職種連携など多くのことを学ぶことができました。そして体位変換、オムツ交換などすぐに活用できる技術などもあり、これからの自分の仕事に繋げていければ良いなと思いました。
 今回コロナ禍ではありましたが、対面での講師方の熱量が伝わってきたり、実技が行えたことはとても良かったです。
 現在、退院支援を行っており、今回学んだ知識を仕事で活かせるようにしていきたいと思います。

 

令和4年度前期受講者≪全域枠≫:岡村病院 名倉 理恵​さん1

 私は訪問看護師になってまだ1年と数ヶ月です。日々従事している中で分からないことも多く、手探りの日々です。そんな時に職場からこちらの研修を勧められ、受講させていただくことになりました。
 結果的に受講して本当に良かったと思います。ロールプレイや演習では新しい学びや他の受講者の意見を聞くことができ、自分にはない発想や知らなかったことをたくさん教えていただきました。また、それぞれの講義内容も欲しかった知識を沢山教えてくださいました。
 今後はその学びを生かし、日々の看護につなげていくことが課題です。
 今回の研修で出会えた先生方、そして何より一緒に楽しく学ぶことができた仲間たち、研修に送り出してくれた職場の皆様に感謝の気持ちしかありません。本当にありがとうございました。

 

令和4年度前期受講者≪全域枠≫:JA高知病院  西森 絵梨​さん1

 私は今まで回復期、一般病棟の病棟看護師の経験しかありません。研修に参加した理由の一つ目は、患者の入院した経過や退院後、患者の情報内容を伝達するスキルアップ、2つ目は社会資源を知り、入院患者含め家族に提供したいとの考えからでした。
 今回、研修で訪問看護師の皆さんと意見を共有出来たことを、貴重に感じます。実際、私は正直、看護サマリーは入院中の経過を重点的に置き、退院後の多職種に依頼内容の情報量が少なかった様に感じます。私は何気に捉えていた事でも、在宅となると困ることは多いにあり、それを困らないようにする看護サマリーの伝達スキルが得られたと感じます。これからも、多職種と連携をとり、正確な伝達を志し、今後につなげて看護をしていければと考えています。
 研修は学びが多く、いつも心が躍らされました。訪問看護師さんの生の声を聞き、実際に病棟勤務内にすぐ活かせると感じています。この研修は私の看護師としての財産で貴重な経験で、看護人生において励みになりました。ご指導、ご鞭撻ありがとうございました。

 

令和3年度受講者

令和3年度受講者の声をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。

令和2年度受講者

令和2年度受講者の声をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。

令和元年度受講者

令和元年度受講者の声をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。

平成30年度受講者

 平成30年度受講者の声をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。

平成29年度受講者

 平成29年度受講者の声をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。

平成28年度受講者

 平成28年度受講者の声をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。

平成27年度受講者

 平成27年度受講者の声をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。