ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

千葉県看護協会を視察訪問

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月21日更新

お知らせ

千葉県看護協会を訪問させていただきました

 

 平成27年7月6日 千葉県看護協会と千葉大学が協働で取り組まれた「新卒者等訪問看護師育成プログラム」について、直接お話を伺うため千葉県看護協会を訪問させていただきました。
星野会長、澤田専務理事、福留常任理事、事業部の伊藤課長、保坂様、看護協会ちば訪問看護ステーションの権平所長から、事業の背景、経緯、実際の新卒者育成についてお話を伺いました。

 千葉県方式では、看護協会が中心となって、地域全体で新卒者支援に取り組まれておられます。
新卒訪問看護師が実際の現場で利用者やご家族から学ぶ経験を大切にし、各ステーションは学習環境を整え、主体的に訪問看護師育成に関わることを支援することの重要性をお話いただきました。
お話を聞いて、本学の研修プログラムの課題や地域全体で新卒者支援に取り組むことの必要性を再確認しました。

 また、千葉大学からは大学院看護学研究科の長江弘子先生、吉本照子先生にご参加いただき、成人学習理論に基づいた学習支援の方法、学習支援者への支援、大学の役割など貴重なご意見をいただき、大変有意義な時間となりました。

 千葉県看護協会の皆様、千葉大学の先生方、お忙しい中本当にありがとうございました。

 

【意見交換後の写真】

千葉県看護協会、視察訪問後の写真