ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康長寿センター > トピックス > トピックス一覧 > 体験型セミナーin四万十市「介護疲れを癒そう!」 報告

体験型セミナーin四万十市「介護疲れを癒そう!」 報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年12月20日更新

健康長寿センターからのお知らせ

平成24年度第1回健康長寿センター体験型セミナー 「介護疲れを癒そう!」を四万十市で開催

 平成24年度第1回健康長寿センター体験型セミナー「介護疲れを癒そう!」が12月9日(日曜日)に四万十市立中央公民館で開催されました。
 本学看護学部 藤田冬子教授より、普段介護をされているみなさんへ介護疲れについて講義が行われました。その中では、普段の疲れを癒すような体操も実演しました。参加者のみなさんは講義を熱心に聞き、うなずいたり、メモをとったりしながら積極的に聴かれていました。体操中は、笑顔が見られお互いに話をしたりしながら、取り組まれていました。また、地域で認知症の方を支えておられる介護職者や看護職者の方の参加もいただき、普段の取り組みとは違った視点から、介護者のみなさまの気持ちや体験を捉えることができたとのお言葉をいただきました。
 今回は体験型セミナーということで、本学各学部による企画展示も行われ、講義の後には参加者のみなさんが自由に、見学や体験をしていただきました。
 今後も健康長寿センターでは、地域の皆様の健康づくりに貢献できるセミナーを開催していきたいと思います。

 

  セミナーの様子

みさとフェアの様子
健康長寿センター長のあいさつ

みさとフェアの様子
看護学部:藤田冬子教授による講義
みさとフェアの様子
各学部展示コーナー