ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康長寿センター > トピックス > トピックス一覧 > 第2回高校生と保護者のための公開講座 開催報告

第2回高校生と保護者のための公開講座 開催報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月9日更新

健康長寿センターからのお知らせ

今年度、第2回目の「高校生と保護者のための公開講座」が行われました

 10月23日(日曜日)、社会福祉学部では、高知県キャリア教育推進事業として「高校生と保護者のための公開講座」を開催しました。午前中は中嶌洋准教授による特別講義、『歴史から福祉・介護を考える-ホームヘルプ事業史とその継承』が行われました。午後は、高校生と保護者の皆様の関心に基づいた選択講義が行われ、福間隆康講師による『農福連携による地域活性化』、橋本力助教による『超高齢化社会とその支援』、河内康文講師による『要介護当事者体験から心理的バリアを考える』といった大学さながらの講義が行われました。

 講座に参加した皆様からは、「福祉の歴史を学び、福祉・介護について深く考えさせられました」、「わかりやすい授業で、福祉への興味が広がった」、「このような企画が多くあれば、福祉への関心を持つ人が増えるように思います」などの感想をいただきました。

 当日は大学祭も開催しており、高知県立大学の雰囲気を実際に理解していただけたのではないかと思います。多くの高校生および保護者の皆様、ご参加いただきありがとうございました。
                                                                                                                                                                                         

     中嶌先生講義        福間先生講義    

     橋本先生講義        河内先生講義