ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康長寿センター > 入退院支援事業について > 入退院支援事業 トピックス > 平成30年度退院支援事業「看護管理者研修」 開催報告

平成30年度退院支援事業「看護管理者研修」 開催報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月21日更新

平成30年度退院支援事業「看護管理者研修」(7月26日・8月8日)開催報告

 本学では、高知県、関係機関と連携し、退院支援事業を実施してます。本事業では入院時から退院後の生活を見据えた支援を目指し、切れ目のない支援体制を構築するための取組みの一つとして、「病床転換促進・退院支援体制構築に向け、急性期・回復期・在宅へとシームレスな地域・病院 ・多職種協働型退院支援体制構築」を目指しています。そのためには病院組織の中で、一番人数の多い職種である看護職を統括する看護管理者の理解とリーダーシップが不可欠であると考え、新たに「看護管理者」に特化した研修を企画・実施しました。

 研修には退院支援事業に参画された白菊園病院と大井田病院の看護管理者をゲストスピーカーにお招きし、退院支援における看護管理者の役割についてのお話しもしていただきました。
 

講師:健康長寿センター 久保田聰美特任教授

~退院支援体制の構築と推進に向けた看護管理者の役割や機能について~
 制度としての入退院支援と、病院と地域における仕組み作り
 ミクロとマクロをつなぐ役割
 退院支援の質と看護の質の関係
 その他

・当日参加者数:121名



アンケートより参加者からの感想※抜粋

・情報の共有化だけでなく目標や課題の明確化の重要性について考えることができた。それらは多職種のコミュニ
 ケーション機能を有効に働かせていくことが大切だと実感した。管理者の立場で考えること、学べる機会になっ
 た。

・退院支援の目的をスタッフが十分認識できておらず、加算要件に沿ってスクリーニングから支援計画書作成までを
 ルーチンでやっている。それが患者・家族の為にはなっていない。何のために行っているのか明確にし関わること
 でスタッフに成功体験をしてもらい、現場主導で支援がすすめれるように管理者として支援していきたい。外来か
 らの支援を病棟に繋ぎ、また外来に・・と言う仕組み作りをしていきたい。  

・これまで退院支援は管理者とMSWが主となって行っていた。管理者がすべて行うことがスタッフの意識(退院支援
 の質)を下げている、ということを今回の研修で認識しました。今後はもっとスタッフを巻き込むような仕組み作
 りを考えたい思います。

・現在の私の立ち位置から、退院支援・カンファレンスに立ち合う事はないのですが、明日からは自分の立場から顔
 の見える関係づくりを構築させ、院外からも率直な意見が聞ける・言える環境作りをしていきたい。

・退院支援に関する現場の声をたくさん聞くことができた。県としては、入退院連絡手引きを作成し、在宅・医療・
 介護連携をすすめている。今日得た現場の声を今後手引きの改善に活かしていきたいと思う。

 

<7月26日開催 ちより街テラスちよテラホール>

看護管理者

事業責任者 看護学部 森下安子教授より

 

看護管理者

大井田病院 看護部長 森下道子様

「退院支援事業を振り返って」

看護管理者

「事例の退院支援をみて、
何が問題と思いますか?」

自院(自部署)の現状と比較数

看護管理者

ワールドカフェにて
「困った状況に直面した時あなたならどうする?」

~看護管理者としての行動を考える~

看護管理者

研修の様子①

看護管理者

研修の様子②

 

 

<8月8日追加開催 高知県立大学池キャンパス>

看護管理者

久保田聰美特任教授の講義の様子

看護管理者

白菊園病院 回復期リハ病棟病棟師長 西本砂奈枝様

「退院支援事業への取り組み~現在そしてこれから~

看護管理者

研修の様子

看護管理者

退院支援の課題の優先順位と対策を発表①

看護管理者

退院支援の課題の優先順位と対策を発表②

 

 

 

平成30年度退院支援事業について
http://www.u-kochi.ac.jp/site/wlc/taiin1807.html

 

 

 

【お問い合わせ先】
高知県立大学総務企画部企画連携課 由比・岡林
〒781-8515 高知市池2751番地1
電話:088-847-8700 Fax:088-847-8670

看護管理者