ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康長寿センター > トピックス > トピックス一覧 > 高知県立大学健康長寿センター、高知医療センター・高知県立大学包括的連携協議会主催 フォーラム「訪問看護の魅力を語りつくす」 報告

高知県立大学健康長寿センター、高知医療センター・高知県立大学包括的連携協議会主催 フォーラム「訪問看護の魅力を語りつくす」 報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月31日更新

 10月7日(日曜日)、高知医療センターくろしおホールにて、フォーラム「訪問看護の魅力を語りつくす」が開催されました。
 午前の部では、日本赤十字看護大学名誉教授の川嶋みどり先生をお招きし、「触れる、癒す、あいだをつなぐ手~看護の本質に迫る~」をテーマにご講演いただきました。午後の部では、在宅医・退院支援看護師・訪問看護師それぞれの立場にある3人の講師から、在宅医療と訪問看護へのメッセージをテーマに講演が行われました。高知県内外から約170名の参加があり、フォーラム終了後のアンケートでは「川嶋先生のお話で看護の原点に戻ることができた」「看護職以外の立場でもとても勉強になった」「講演を聞き、ハッとすることがたくさんあった」といった意見がみられました。

川嶋みどり先生本学特任助教 弘末美佐氏

           川嶋みどり先生                        本学特任助教 弘末美佐氏

講師によるディスカッション会場からの質問

       講師によるディスカッション                       会場からの質問