ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康長寿センター > トピックス > トピックス一覧 > 「ねんりんピックよさこい高知2013」 シンポジウム 報告

「ねんりんピックよさこい高知2013」 シンポジウム 報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月12日更新

健康長寿センターからのお知らせ

「ねんりんピックよさこい高知2013」のシンポジウムに、シンポジストとして健康長寿センター長が参加しました

 ねんりんピックよさこい高知2013関連行事シンポジウム「“おきゃく”がつなげる地域と人」が10月29日(火曜日)に高知県民文化ホールオレンジで開催されました。
 シンポジストとして、松崎淳子さん(本学名誉教授)、平野レミさん、中村茂生さん(本学元非常勤講師)、池田光徳(健康長寿センターセンター長)が参加しました。
 おきゃく文化、食文化の重要性、おきゃく文化を介した健康増進、おきゃく文化を介した地域の活性化について話し合いました。
 このシンポジウムには、県内外からおよそ450人の参加がありました。

 この報告記事は、10月30日の高知新聞朝刊に掲載されました。

 

掲載記事:高知新聞社提供

高知新聞 ねんりんピック掲載記事